就職試験に出る一般常識の傾向について

就職試験では、面接による選考のほかにも一般常識の試験が実施している会社が多くあります。企業によって、一般試験の内容には違いがありますが、大体似通っている部分も存在します。一般常識というフレーズが指し示すように、それほど難しい内容ではなく、中学レベルの内容が問題の大半を占めます。大学入試の問題よりは易しいことが多いので、前もって準備しておきさえすれば、何も心配する必要はありません。とはいえ、問題の形をとっているので、慌てて解くと間違っている可能性も多く、注意か必要になります。本屋さんには、一般常識の本がたくさん取り扱われていますので、1冊を通して解いておくといいでしょう。問題集を解く時に大切なことは、自分が間違った箇所を確実に覚えるようにすることです。社会や、英語など、純粋な記憶力に基づいて答えを書かなければいけないものについては、その場で記憶力をフル動員してください。数学は、論理的思考力を問われる問題になりやすいので、長文の問題文をきちんと目を通すことが大事です。一般常識で一番注意しなければならないのは、時事問題です。日頃から、ニュースを見たり、新聞に目を通しておくなどして、日本の経済状況や、社会的な内容なども確認してみてください。試験を受けに行くまでに、新聞やニュースをチェックして、大きなニュースを知っておくことが大事です。つやつや習慣の効果

コメントは受け付けていません。