高卒で就職する人の意識変化について

高卒で仕事につく人達も、経済情勢の変化や、時代の動きに応じて、働くことに対する価値観を変えてきています。買い手市場だった求人状況も、景気の改善によって売り手市場に変化しており、求人数も増加傾向にあります。高卒の求人倍率は上昇傾向にあり、最近20年の間でも高い水準になっているそうです。高卒で就職を希望する人にとっては、たいへん就職活動がしやすい状態になっています。このような事情を受けて、高卒で働きたいと思っている人達の中には、安定志向が強くなっていることが指摘されています。住み慣れた実家近くでの仕事を探す人が多いことも、特筆すべきことといえます。現時点で高卒を迎える若者達が生まれたばかりのころは、日本は長引く不況の影響を真っ向から受けていた時でした。大卒でも就職先が見つからないという就職氷河期になり、仕事が見つからずに失業状態に陥る人も多くいた頃です。就職が困難な期間が続いた結果、今の若い世代の人の多くは就職や人生設計に堅実さを求める傾向が強いといわれます。奨学金の事情も高卒の就職事情に影響を与えています。かつては、大学さえ出ておけばそれなりの仕事につけましたが、最近では大卒でも就職先が見つからないため、奨学金の返済が重く負担になっています。高校卒業後にすぐ働きたいという人達の就労感が変わった背景には、生まれ育った時の時代背景や社会問題が関わっています。

高卒の採用を希望する会社は増えている

近年では、高卒での採用を望んでいる企業がたくさんあると言われています。大学への進学率が高くなっている昨今では、高卒で就職を希望する人が少なくなってきています。業種によっては、大卒ではなく高卒のほうを採用したいと考えており、募集を行っているという企業があります。大企業の中には、四大卒の学生だけを対象に求人を出しているところもありますのて、高卒は就職に不利と思っている人もいます。地方の企業の場合、広い範囲に求人を出すようなことはしないで、県内の高校の卒業生への求人に留めているところがあります。企業からすれば、せっかく採用した女性が、結婚で辞めてしまうのは好ましくありません。女性を採用する時には高卒にすることで、結婚までの期間を長く確保することが可能になります。結婚退職までの期間が長ければ長いほど、人材育成にかかった費用分の仕事をしてもらうことができますので、損になりません。企業によっては大学卒業という学歴があったほうが有利なこともありますが、高卒だったとしても採用される見込みは0ではありません。業種や企業によっては、大学卒業生より、高校卒業生のほうが採用率が高いことがあります。多くの人は、大学を出ておいたほうが就職はうまくいくと考えがちですが、高卒を率先して採用しているような企業もあります。今まで学生だった人達が、会社で働くようになることは、大学生であれ、高校生であれ、生きていく上での重要な分岐点になります。面接前にシミを消し時たいなと思いオールインワンジェルであるシミウスをスキンケアに取り入れるようになりました。

コメントは受け付けていません。