転職の面接時に問われる仕事を変わる理由について

転職の動機についてはほぼ確実に面接の場で聞かれますので、答え方には工夫が必要になります。転職するにあたって、面接で必ず聞かれるのが、なぜ転職しようと思ったのかという理由についてです。転職をすることに決めた理由が、新しい転職先を決めた理由ににもなりますので、はっきりと答えられるようにしておきましょう。転職するまでの事情に、正しい内容があるわけではなく、聞き手が納得するかどうかがポイントになります。今の仕事に不満を持つようになったきっかけは、人づきあいだったり、仕事内容だったり、給与や休日日数だったりします。数ある中でも、面接担当者の印象を悪くする可能性の高いものがあるので、注意しましょう。事前にいくつかのNGワードを理解しておくことで、転職の理由について話をしやすくなるでしょう。前職の人間関係を転職理由として述べることは控えるようにしましょう。今の職場で人間関係の問題が発生していると聞くと、新しい職場でもまた人間関係の問題を発生させる可能性があると判断されやすくなります。転職の動機に、その企業の休日日数や給与に関することを挙げていると、もっといい内容の会社に行く可能性が高い人だと思われてしまうことがあります。面接を受ける時は、事実とのズレが大きなことは言わないほうがいいですが、相手の印象を悪くするようなことは言わないほうが無難です。仮にネガティブな内容が本当だとしても、志望動機はステップアップしたい等の前向きな回答を用意しておくことをおすすめします。実は女性の服の販売店員を目指してるのでスタイルを気にしています。シンデレラアップで胸を大きくしてる努力はしてるのですが仕事が始まる前になんとか効果が出てくれないかなと思っています。

コメントは受け付けていません。